2005年の合併によって市域を拡大して再スタートを切った春日部市。埼玉県東部にある市です。人口は約23万6000人。これは埼玉県内の自治体では7番目の数字となっています。すぐ上が草加市、下が上尾市となります。面積は65.98平方キロメートル。こちらは県内で14番目の数字となります。人口密度は27番目。地図を見ると埼玉県の1番隅っこにあると同時にさいたま市や東京とそれほど離れていないという特殊な位置関係がわかります。

春日部市の特徴は平坦な場所が多いこと。市域の大半が中川低地に属しているからです。また東部には下総台地、北西部には大宮台地という2つの台地があるのも大きな特徴です。川は江戸川のほか中川、倉松川、大落古利根川、古隅田川などが通っています。

そんな春日部市の住民の中では60歳以上の高齢者が多いのが目立ちます。60歳以上の人口に占める割合は27.6%。とくに60代前半が全国平均に比べて突出して多い傾向が見られます。また、50代後半も非常に多く、今後の高齢化対策が課題となりそうな状況となっています。一方、30代後半も多く、マイホームを購入する世代が住む傾向も見られています。

また家族構成ではファミリー層が全体の38.7%を占めており、続いてディンクスが31.9%と続いています。このことからも30代後半の人口が多いことが窺えます。

春日部市を全国的に有名にした人気アニメ「クレヨンしんちゃん」などはまさにこの傾向にピッタリと当てはまる環境だといえるのではないでしょうか。